クリニックの内装に迷ったら店舗デザイン事例を利用するとよい

店舗デザインを参考にクリニックを改装した

クリニックを改装する際に、その方法に迷ったら店舗デザイン事例を参考にして決めると良いものです。
実際に私のクリニックでは、店舗のような雰囲気を出したことで患者が増えました。
従来は一般的な病院のようなイメージを持っていたのですが、あえて店舗のような雰囲気を出したことで非常に入りやすいと評判となっており、特に待合室がリラックスすることができると言う評価を受けているので、思い切ってやってよかったと思っています。
クリニックは一般的には清潔感を前面に押し出したレイアウトが適していると考えられており、そのために白い壁を基調としたものを採用していました。
多くの病院でもこのような内装を行っているところが多いのですが、逆に見た目に病院のような雰囲気を非常に強く受けるため、患者が落ち込んでしまうと言う問題もあったのです。
そのため患者からはあまり雰囲気が良くないと指摘されることも少なくありませんでした。
そこで悩んでいたところある会社から、あえて店舗の内装にすると言う考え方もありますよと言うアドバイスを受けいろいろ検討してみた結果待合室だけをこのような雰囲気に変えてみることになり、実際に行ってみると来院者が増えたので驚いています。
その理由は店舗の雰囲気は非常に計算されており、長くその場所に留まることが出来るような雰囲気を醸し出すことが条件であると考えられているためです。

新規立ち上げのクリニック
内装打ち合わせ。

着々と。
pic.twitter.com/ljfx50rhnn

— 氣田 和希/Kazuki Keta🐧クリニック立ち上げ屋さん (@KazukiKeta) January 28, 2020

店舗デザインを参考にクリニックを改装した | 病院に親しみやすい雰囲気を取り入れる | 内装は病院経営の重要なポイント